You are currently viewing カフェインが睡眠にもたらす影響

カフェインが睡眠にもたらす影響

こんにちは!トレーナーの高田です。

コーヒーなどに含まれるカフェインは脳の鎮静化の邪魔をしてしまいます。

カフェインの半減期は個人差があるため正確な時間は異なりますが、およそ就寝の8時間前には控えることをおすすめします。それでも寝つきや睡眠の質があまり良くないという方は、お昼のコーヒーまででそれ以降は控えた方がいいかもしれません。(カフェインが全ての原因ではないですが)
タイミングや量には気をつけたいところです。

なぜ、カフェインが睡眠に影響をもたらすのか?

アデノシンという物質がその受容体と結合することで、リラックス効果が促されますが、カフェインはそのアデノシンと構造が似ているために本来アデノシンが結合するはずの受容体と結合してしまい、アデノシンが作用する働きと逆のことを起こし、覚醒しやすくなります。

しばらく居座りますので、遅い時間にカフェインを取ってしまうと睡眠の邪魔をするものとなります。

ややこしいですが、言いたいことは周知の通り、覚醒作用をもたらすということです…

もちろん、カフェインに関しては適量や摂る時間帯などによって、ポジティブな効果もありますのであしからず。

何かご参考になれば幸いです。

それでは!

体験セッションのお申し込みはこちらからどうぞ↓

LINE公式アカウントでもご予約の申込みやお問い合わせなどが可能です!

友だち追加