You are currently viewing 体の不調は水分不足が原因?水分補給が大切なわけ

体の不調は水分不足が原因?水分補給が大切なわけ

こんばんは!トレーナーの高田です。

身体の痛みや不調の一因は、水分不足の可能性もあります。

理由はシンプルで筋肉や骨(関節)などの身体のあらゆる組織や血液には水分が多く含まれています。
そのため、体内の水分が不足すると身体に悪影響を及ぼす恐れがあります。

体内の水分が不足すると身体の全体の循環が滞ってしまい、筋肉がコリやすくなったり、疲れやすくなったりと身体の不調を感じやすくなると考えられます。

今の季節は夏場に比べて汗などもかかないので水分補給が疎かにされがちですが、水分補給はとても大切です。

身体の不調を感じる場合は、まず水分補給がしっかり取れているか確認しましょう!

  1. 水分が担う役割
  2. 必要な水分量を確認しましょう
  3. 何を飲めばいいのか?
  4. まとめ

1.水分が担う役割

冒頭でも触れていますが、身体のあらゆる組織や血液には水分が多く含まれています。

そのため、体内の水分が担う役割は以下のように身体を機能させるには必要不可欠なものです。

・代謝活動の維持

・血液の循環

・筋肉の活動

老廃物などを体外に排出(汗や尿として)

・体温の調節

・皮膚の乾燥を防ぐ

など

体内の60%以上と人の身体はほとんどが水分でできているので、言うまでもありませんが改めて考えると重要性を感じてもらえるかと思います。

体内の水分が足りないと身体は正常に機能しづらくなってしまったり、身体の不調などが現れてくる可能性があります。

そのほかにも、極端ですが脳梗塞や心筋梗塞などのリスクも高まりますので注意が必要です。

2.必要な水分量を確認しましょう

一日に取りたい水分量の目安としては1.5〜2ℓ程度と考えてください。

もちろん、季節や日常生活どのように過ごしているかなどよって変わってきますので個人差があります。

一応、計算上は飲料水として1.2ℓ以上は確実に欲しいところです。

体内から出る水分:尿1600ml、呼吸や汗など900ml 合計 2.5ℓ

体内に入る水分:食べ物の水分1000ml、代謝水300ml※ 合計 1.3ℓ
※糖質、脂質、タンパク質がエネルギーに変わるときに出る水

出る水分(2.5ℓ)ー入る水分(1.3ℓ)=1.2ℓの不足


水分の足りているかは、尿の色の確認することも大切です。

尿の色が濃い場合は、水分が足りていないことが考えられます。(淡い黄色が理想的です)
すぐに水分補給をすることすすめます。

水分の取り方ですが、がぶ飲みは体内に吸収されずに尿として体外に排出されやすいです。
また、体内の電解質のバランスを崩してしまい体調不良を起こすの可能性もあるので注意が必要です。

のどが渇いたときなどに、一気に飲むのでなくこまめに取ることがポイントとなります。

3.何を飲めばいいのか?

カフェインが含まれる飲み物は、利尿作用があるため水などと比べると十分な水分補給にはならないことが考えられますので飲み過ぎには注意が必要と言えます。

私もデスクワークの時はコーヒーは欠かせませんが、コーヒーを飲む場合は水や麦茶などで補うように取るよう気をつけるようにしています。

4.まとめ

・水分が担う役割は身体を機能させるには必要不可欠なもの
代謝活動の維持
血液の循環
筋肉の活動
老廃物などを体外に排出(汗や尿として)
体温の調節
など

・体内の水分が足りないと身体は正常に機能しなくなってしまったり、身体の不調など現れてくる可能性がある

・一日の水分量の目安としては1.5〜2ℓ程度
※季節や日常生活どのように過ごしているかなどよって変わり個人差あり。

・がぶ飲みは体内に吸収されずに尿として体外に排出されやすいため、のどが渇いたときなどに一気に飲むのでなくこまめに取ることがポイント。

・カフェインが含まれる飲み物は、利尿作用があるため飲み過ぎには注意が必要。

今の季節は夏場に比べて少し水分補給が疎かにされかもしれませんが、身体の痛みや不調などにも影響がありますので水分補給を少し意識してみてください。
少し心がけるだけで、もしかしたら一日の疲れが具合が変わるかもしれません。

少しでも参考になれば幸いです。

それでは!

体験セッションのお申し込みはこちらからどうぞ↓

LINE公式アカウントでもご予約の申込みやお問い合わせなどが可能です!

友だち追加